尊敬できる人

どーも彦丸です🎋
僕は今日ふと思った事があるんです
それは




「なんでこの仕事を続けてるんだろう」





仕事の要領も良くない、覚えも悪い低能な社会人で何度も怒られ、数えきれないほど嫌な思いはしました
自分なりに試行錯誤し、やってみてもできず悔しくて泣いた事もありました
そんな僕がなぜ前向きに頑張ろうと思えたのか




それは一人の先輩に出会えたおかげだと思います
今回は僕がその人と出会ったきっかけとなぜその人に救われたのかを書いていこうと思います

最高な先輩

社会人初めての先輩

僕は20歳の時に正社員として、仕事に採用いただきました
初めての仕事だった事もあり、新人歓迎会の飲み会の時から不安しかなかった僕
そんな時に同僚の先輩と会いました
先輩は僕が不安で表情が暗かったのを察したのか積極的に話しかけてくれました



「こういう場って緊張するよな。心配な事多いと思うけど分からない事があったら俺に聞いてくれればいいから」




入社するのが僕1人だった事もあったのでその辺りも気にしていってくれていたのが伝わってきて




「優しい先輩がいて良かった」



とKさんのおかげでとても安心したのを覚えています
これが僕と先輩が出会ったきっかけでした

仕事が出来ない自分を救ってくれた先輩の言葉

仕事が本格的に始まり、分からないことなどはひたすら先輩に聞いていました
ただ僕は一度で覚え切る事ができずに失敗し、怒れれる事がよくありました
(今思うと準備不足だったことが多かったです💦)




僕はその時にどうすれば改善できるのかが分からず、先輩にもよく相談していたんです
実際に先輩から頂いたアドバイスを参考にしてみましたが、なかなかうまくいかず自分は余計に悩んでいました
あまりにできなかったので力になってくれた先輩にも、もしかしたら呆れられたかもしれないと思いだし一人で考えていた時もありました




そんな様子をみた先輩に声をかけられとっさに



「先輩にも色々教えてもらったのにできてなくてすみません」



と素直に思ったことを言いました
すると




「お前が一生懸命やりよる姿をずっと俺は知ってる。だからそんなお前がどんなにできなくても、どんな失敗をしても俺がカバーするつもりでおるし、いつまでもお前の味方におる。だからお前は正しいと思う事をすればいい」




と先輩は言ったんです




僕はこの言葉を聞いた時に自分の事をしっかりみてくれていた事と自分は見捨てないといってくれた事が嬉しくて涙が出ました
後輩の失敗を責任を取るって言い切る事がどんなに難しいのかは想像できます
それを何の躊躇もなく言ってくれた先輩の勇気と優しさがすごく嬉しかったし、同時にカッコいいなって思いました



僕はその言葉があったから今があるんだと思います
もしあの時先輩が見限っていたら今の僕はないと思いました

先輩に出会って変わった価値観

僕はその日から何か困った事、悩みなど全て先輩に相談しました
自分のことを評価してくれる人がいる
自分の味方でいてくれる人がいる
そう思う事で仕事に対してのストレスも大きく変わっていきました



先輩のような後輩を守れるような人になりたい
勇気ある人になりたい
いつしかそう思うようにもなっていました



自分はこんな先輩になりたい、目標にしたいと思う人に今まで出会った事がありませんでしたが初めて目標となる人物に会う事で自分の中での理想像が確実に変わりつつありました
先輩は筋が通ってない事が嫌いで後輩には優しく、上司でも筋違いのことを言う人がいればしっかり意見を言うような人でしたが、周りからは信頼されていたし自然と人が集まるような人でした




僕は全く真逆の立ち位置にいましたが、この人を目標とする事で何か変われるきっかけを掴めるかもしれないとそう思えたんです
後輩に優しく、上にはしっかり意見を言う
勇気がいる難しいことを実際にする先輩に会っていなかったら、僕の考えや価値観が変わるきっかけはもしかするとなかったのかもしれません

まとめ

僕は先輩に出会えた事で良い意味でいろんな考えを変えてもらい影響を与えてもらいました
今まででこんなに人としてかっこいいと思えた先輩は初めてだったので、出会えた事に本当に感謝しています✨
僕はまだまだ人としても社会人としてもできていない事が多く、今まで出会った人達にいろんなことを教えてもらう事で変われてきたと思っています


これからもいろんな出会いがあると思いますが、感謝を忘れず学びもっとかっこいい大人になりたいなと思います😁
不器用な自分ですけどしっかりみてくれている人がいることを忘れないようにしたいです💪
では以上彦丸でした🎋

コメント

タイトルとURLをコピーしました